Vorlesen

ノードライン医師会のご紹介


ノードライン医師会(AEkNo)は、ドイツ、ノードライン・ヴェストファーレン州にあるノードライン地方の約万61000人の医師を会員とする職業団体です。ノードライン地方は、約960万の人口があります。

ノードライン医師会(AEkNo)は、医療における公使を自治し、国家規定に基づく任務を執行します。

権限

本会はノードライン・ヴェストファーレン州治療職務法に準拠する公共団体です。その自治機関は、選挙によ り民主制で合法を認めます。職務を遂行する医師は、全員が本会の義務会員です。また、ノードライン・ヴェストファーレン州に住む医師ではあるが、在職して いない者また、退職した者も同様に医師会の会員です。

医業自治

ライン地方の医師は、5年ごとに医師理事会の121名の代議員を選挙します。この理事会は医師会の最高機関となる、ライン地方の医師達による一つの議会です。任期を同じく4年として、会長と副会長が選任されます。会長は外部に本会を代表します。会長と副会長は、ノードライン医師会の16名の理事と共に会務を行います。理事会では理事と会長が、議会の自治機関として全議決権を持ちます。

会員のさらに直の管轄は、27の地方行政機関と8の地域管理機関になります。それらの機関は、例えば会員へ証明書を発行したり、入会、変更また、医師助手の養成訓練についての質問などを受けます。

数値データ

ノードライン医師会はドイツ全17州の医師会のうち、3番目に大きな会です。2016年には本会に248名の事務員と、6名の訓練生が従事しました。そのうち206名の職員はデュッセルドルフ中央事務局に、またその他の36名は支局に任務しています。それと平行して、多数の有志の医師達が専門委員会に従事しています。

医師会の主旨

公衆衛生と社会福祉

ド イツの全医師会は、会員の利害関係を尊重することが法的に義務付けられています。そこでは国会、政党、大臣またメディアとの関連が欠かせません。何に増し ても、医療と公衆衛生における問題においては、医師会は、その専門知識をもって国また、州議会における価値ある相談役となっています。社会衛生に関わる政 策の法規草案、規定また法令の公布では、その見解がそれ相当の重要な位置を占めます。

職務権利

医業自治において、本務の制裁はその基本的要素となります。そこで医師会では、職務の原則を守るよう示唆する法的義務があります。その原則とは、患者あるいは医師間の拘束義務となる医師としての職務規定です。

専門教育

医師としての高等教育は、国家の責務です。眼科医や外科医などの専門医に関しては、医師会が責務を負います。専門教育規定の公布および、試験の監査は医師会の重要な任務です。

研修

医 学の発展においては、どんな医師でも常に最新の知識水準を保っていることが欠かせません。ノードライン医師会は、職業研修に高い必要性をおいています。あ らゆる重要テーマの研修講座、セミナー、ワークショップなどを、ノードライン・アカデミーでは医業専門教育、研修として提供しています。

住民と患者

ノードライン医師会には、医師組合と教員、同じく自助グループと医師達の間に立って連携事業を行うサービス部が設けられています。

健康に関する質問への案内をする住民相談室では、例えば病気の症状と、その治療法に関する情報などが用意されています。

専門知識を持ち、党派に左右されない法律家と医師達による治療ミスの鑑定委員会は、無料で治療ミスによる責任鑑定を行っています。

また、治療費管理課は、患者と医師間の訴訟問題の調停にも対処します。

支給機関

ノードラインの医師生活保護では、老後または職務不能の際の経済的安全を担い、遺族援助を行っています。会員の資産は本会の債務保険機関に、可能な限りの最高の安全性と利子率で管理されます。そこであげた利潤は、最終的には会員へ役立てられます。